レッスン内容・料金

レッスン内容について

公文喜多山教室、公文日進栄教室のレッスン内容は、算数・数学、国語、英語の3教科です。
2歳の幼児から、社会人まで、目的に最適な教科、学習法を知ることが出来ます。


数学・算数

算数・数学が好きになるポイントは「計算力」。
KUMONの算数・数学はそこに注力。

【くり返すことで計算が早くなる】
公文式では、これまでの指導事例から、1枚1枚の教材を100点に仕上げる時間の目安として「標準完成時間」を定めています。
子どもたちは、この標準完成時間を目安に目標を持ち、日々練習を積み重ね、集中する感覚やそのテンポやリズムのようなものをつかみ、まとまった分量も一気に学習できる作業力や集中力を養っていきます。

【ルールを覚えるので計算が楽になる
たとえば、筆算のたし算には一の位から十の位へ、百の位へと右から順に計算するという手順ルールがあります。
このようなルール通りにすばやく計算できるまで練習します。
また、先のことを考えて頭に一つのことを残しながらルール通り計算できる力を養うためにも、公文式ではくり上がりの数を書かなくても計算できるように練習します。

【過程を大事にして間違いが少なくなる】
公文式では、採点されて✓印がついた解答を、全部消して始めから計算し直すのではなく、間違い部分を見つけ、そこから訂正することを大切にしています。
ひとつの誤りがどこにつながるかを見通したり、自分の間違いの傾向をつかんだりと、緻密な論理的思考力へとつながります。

【例題を大事にして解き方を考えるようになる】
子どもたちは、例題を見たり書きうつしたり、説明や指示に注目したりしながら、正解にいたる考え方と手順を自分から習得し、解き方の法則や考え方を身につけていきます。


国語

KUMONの国語は、読める・理解できる。読解力が重要。

【文字は読みや使い方になじんだ後に書きを身につける】
「いぬ」「ねこ」などの語句から、「いぬが あるく」「さるが きに のぼる」などの二語文・三語文へ、文から文章へと、身近なことばの中でひらがなの読みのレベルを高めていきます。
漢字の学習もまず読みから。漢字の読みや使い方に十分なじんだ後で、書きの練習に入ります。

【中心文を見つけ、要点を抜き書きして身につく読解力】
公文式では、中心文を見つけ出したり、要点を抜き書きしたりする、通常の要約とは異なり、原文のニュアンスを失うことなく(作者の用語や表現の仕方、その文体をも生かして)、文脈をたどりながら、なるべくそのままに縮める「縮約」の力を養います。

【語彙は身近なことばから始めて、多く身につける】
文字を学ぶとき、その文字だけで学習するのではなく、その文字を含んだ語句を使って学習します。
教材は、身近なことばから始めて、多くの語彙を身につけられる構成になっています。

【基本三文型で文の構造を理解していく】
「何がどうする(動詞文)」「何がどんなだ(形容詞文)」「何がなんだ(名詞文)」という基本三文型で、文の構造を理解します。


英語

年間230万人が受検する実用英語検定
英検4級小学生合格者の30%以上がKUMONの生徒です。

(2012年度第1回英検結果 KUMON独自調査)

例えるなら、ハリーポッターを原文で読めるようになるのがKUMONの英語力

【音 リスニング・復唱】
音の学習をまず先にすることで、英語特有のリズムやイントネーション、語順や用法などが、楽しく自然に頭に入っていきます。

【興味深いストーリーの中で身につく語彙力
イラストと英語を手がかりに、文字を見ながらの音学習で、徐々に文字を読む力も高まります。
リスニング→復唱→音読→先生の音読確認と、興味あるスキット(おはなし)・ストーリーに触れながらより内容のある作品へと進み、文章の中で自然に多くの語彙を身につけていきます。
また、文字の書きの練習は、文字を読む意識の高まりとともに始まります。アルファベット、単語、文へと、なぞり書きから始めて、見写し書き、自力書きへと進みます。

【自然に身につく英語の構文力】
「音の学習」先行で、自然に身につく構文力。
「意味のわかっている英文を、文字を見ながら音読し、書写する」という学習をくり返し、英語特有の文構造にも対応できる力を身につけていきます。

【原書に親しめる高度な英文読解力】
ストーリーへの興味が大きな動機づけとなり、原文からさらに内容のある原文へと、英語がわかる、もっと読みたいという気持ちが連続し、効率的に高度な英文読解力を養っていきます。


幼児さんの場合

何歳からでもはじめられます。
できるだけ早い時期からの、「語彙を豊かにする働きかけ」を大切にしています。
歌や読み聞かせによって育まれる力は、全ての能力の根源になるものと考えられています。

「さんすう」、「こくご」、「えいご」からご希望のものを学習できます。
小さなお子さまが楽しく学び始められる教材がそろっています。
KUMONでは今お子さまのできていることを確認して無理なく楽しくできることからスタートします。

■教材の絵を指さして、読むこと、数えることをおけいこする教材です。
新しいことばや数が、次々に出てきます。

■かきたいという気持ちがふくらむカラフルなイラストがいっぱいのズンズン教材で、運筆力を高めます。
まだ鉛筆で書くことに自信のないお子さまにも!

【小さなステップで少しずつ力と自信を育てます】
教材は小さなステップで少しずつ先へ先へと進みます。さんすうは1~10まで、~20まで・・・と、数唱や数える力をまず伸ばしてから「たす1」へ。
こくごは、読む力、語彙の力を十分つけながら、書くことや文のおけいこへと進みます。どんな年齢の子でも「自分でできる」を大切にする公文式学習。
KUMONの先生や、スタッフが大きなマルと100点で、お子さまの自信とヤル気をはぐくんでいきます。

「さんすう」では、数唱力を伸ばしながら、数字の「書き」を学ぶ教材。
大きな数まで親しんでおくと、後でたし算を学ぶのもらく。

「こくご」では、文字・ことばの力、文の力、文章を読む力を育てます。読み書きが、すらすらできる力が身につきます。

「えいご」では、何よりもまず「英語の楽しさ」を感じることができる教材。イラストを手がかりに、文字と発音が身につきます。


料金について

【会費や教材の料金】

幼児・小学生:6,480円
中学生:7,560円
高校生・社会人:8,640円

教材費を含んだ一か月(1教科)の月謝です。
英語のみ、始めるときにイー・ペンシル(6,480円)の購入が必要。

教室見学のお問合せはこちら!

≪公文式≫喜多山教室の申込み ≪公文式≫日進栄教室の申込み

Top